クラブ紹介

立教大学体育会レスリング部は1938(昭和14)年に創部され、2018年に80周年を迎えた伝統と歴史のあるクラブです。日本の大学レスリング界においては5番目に古い歴史を持っています。長らく東日本学生リーグの二部リーグに所属していましたが、2022年5月20日のリーグ戦最終日に二部優勝、入替戦勝利を成し遂げ、ついに悲願の60年ぶり一部リーグ復帰を果たしました。
OB・OGは社会の各方面で活躍しており、卒業生のネットワークも強みです。

学業と部活動との両立に取り組んだ我が部の学生は、各業界からも高く評価され、就職実績も良好です。また、就職後も上場企業の役員や管理職、国内のみならず海外の各方面で活躍しております。参考までに、過去の就職実績の一部をご紹介します。

卒業生の主な就職実績

<公務員>外務省、文部科学省、経済産業省、国税局、警察庁、学校教員、県職員、市職員
<金融・保険>三井住友銀行、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、千葉銀行、野村證券、日本生命、明治安田生命、住友海上火災、オリックス
<マスコミ>NHK、日本テレビ、読売新聞、旺文社、中部日本放送、北日本放送、中国放送 、電通、リクルート
<建設>清水建設、戸田建設、銭高組、竹中工務店
<製造>NEC、富士通、IBM、サッポロビール、森永製菓、エバラ食品、三菱電機、アシックス
<運輸・不動産>日本航空、首都高速道路、大和ハウス
<サービス>JTB、近畿日本ツーリスト、ニチイ学館
<その他>KANEKA、東北電力、JXTGホールディングス、JA共済、東京商工会議所 ほか

また、就職のほか、起業・会社経営者、大学院進学者も多数おります。


私たち立教大学レスリング部では、レスリングを通して厳しい世の中を生き抜くため何事にも屈しない強さ、人の痛みが分かる優しさを育み、社会で真に求められる人間になることを目指しています。また、文武両道の実践を目標にしており、学業と練習のバランスを調整しながら大学生活に取り組んでいます。

レスリングというと体が大きいイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。レスリングは階級が細かく分かれており、体の大きさに関係なく挑戦できるスポーツです。対人スポーツをしたい、格闘技をしたい、肉体改造をしたい、何か大学で新しいことをしたいなど、少しでも興味のある方は「お問い合わせ」のメールからご連絡ください。

部員構成(2022年5月現在)

4年生=3名 2年生=6名 1年生=4名 計13名(マネージャー含む)

練習場所 立教大学新座キャンパス体育館 1F レスリング場

 

 



新座キャンパス 案内図


バンガローのAタイプ